分娩後脱毛症

正しい頭皮ケア方法|間違った頭皮ケアはハゲのもと

薄毛が気になって頭皮ケアを始める人が多いですが、間違っている人が多すぎます。間違った頭皮ケアはハゲのもとですのでしっかり正しい方法で実施してください。

分娩後脱毛症とは?

女性は出産後、髪が抜けるケースが非常に多いです。これを分娩後脱毛症と呼びます。一般的な脱毛症と違う所は、ある時期を過ぎれば抜け毛や薄毛が治まる事。一時的である事が特徴的です。

 

実際に私も出産経験がありますが、産後2~3ヶ月頃に相当な本数の抜け毛がありました。元々毛量は多い方ですから、抜けた事で扱いやすくなり嬉しくなった記憶があります^^;
ただ、元々毛量が少ない方などは一時的な薄毛に悩む方も多いようです。

原因1:ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠すると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。妊娠中は妊娠を継続させるためのエストロゲンというホルモンが多く分泌されるため、抜け毛や薄毛になる事は極めて少ないのに対し、産後エストロゲンが一気に低下する事で、一時的に抜け毛や薄毛などの症状が現れるのです。

 

原因2:胎児に栄養を取られてしまうため

妊娠中は胎児に優先して栄養が送られる仕組みになっています。妊娠してから肌荒れや髪のパサ付きなどに悩まされる方も多いのはこの為なのです。妊娠中には毛髪の育成を助けるエストロゲンが多く分泌されるので抜け毛になりにくいのですが、産後にエストロゲンが一気に減る事で、栄養を補えなかった分が抜け毛の症状として表れるのです。

 

また、授乳期にも多くの栄養を必要とする為、抜け毛のピークは産後2~6ヶ月頃となります。それ以降からは徐々に抜け毛が減っていき、授乳期が終わる頃には元に戻る方が大半ですから、抜け毛が酷いからと言って焦る事はありませんよ^^

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
 
名人ブーム