抜け毛 原因 対策

正しい頭皮ケア方法|間違った頭皮ケアはハゲのもと

薄毛が気になって頭皮ケアを始める人が多いですが、間違っている人が多すぎます。間違った頭皮ケアはハゲのもとですのでしっかり正しい方法で実施してください。

抜け毛の原因と対策について

朝起きて枕を見た時にガックリしないようにする為には、抜け毛の原因を知る事がキーポイントです^^!

抜け毛の原因について

毛穴が詰まっている

毛穴に汚れが詰まっていると髪の毛は栄養分を補給できなくなり、やがて抜け落ちてしまいます。毛穴汚れにはいくつか原因があります。
・一日の汚れをしっかり落とせていない
・頭皮が常に蒸れやすい状況にある
・フケやかゆみがある
・偏った食生活である
・睡眠不足である
汚れがきちんと落とされていないと、汗や皮脂・そしてフケや汚れが混ざり合い、毛穴を詰まらせてしまうんです。頭皮が蒸れやすいのも、汚れが溜まってしまう一つの原因ですね。フケやかゆみは頭皮トラブルの一つのサインです。偏った食生活では髪への栄養補給が滞り、更に睡眠不足が重なると頭皮の血行が悪くなり、髪が細くなり抜けてしまいます。

 

間違った洗髪法で頭皮を痛めている

・合わないシャンプーを使っている
・いつもささっとしか頭を洗わない
・汚れが気になるので、いつも2~3回に分けて洗っている
合わないシャンプーを使う事でフケや皮脂の過剰分泌の原因になります。これが毛穴を詰まらせて、抜け毛を多くしているのです。頭を軽くしか洗っていない人も要注意!しっかり汚れを落とさないと、いずれ抜け毛が増えていきますよ。
また、意外な事に「洗いすぎ」も抜け毛の原因となります。洗いすぎる事で必要な皮脂までも取り去ってしまいます。そうなると皮脂分を補おうと過剰に分泌してしまい、汚れやすい頭皮環境になってしまうのです。

 

抜け毛の対策について

抜け毛の症状にはいくつかありますが、男性であればAGA(男性型脱毛症)、女性であれば女子男性型脱毛症または分娩後脱毛症が一般的です。原因に合わせて対策を行うのがベスト。

 

男性の場合

AGA(男性型脱毛症)は、遺伝要因が一番の原因だと言われています。AGAに関しては薄毛や抜け毛は「悪性脱毛ホルモン」が引き起こしていると言われていますが、この悪性脱毛ホルモンは男性ホルモンと結びつき、同じ脱毛ホルモンに変換させてしまう性質があります。
元々の脱毛ホルモンを体質的に多く持っている人こそ将来的に薄毛や抜け毛に悩まされる事が多いので、若いうちからの対処が必要となるでしょう。AGAに関しては、専門の医療機関での相談が一番良い方法です。

 

また、男性は皮脂の分泌も女性より多いので、日頃から頭皮ケアをしっかり行っておく必要があります。生活習慣の乱れ、間違った頭皮ケアでも抜け毛や薄毛の原因になってしまうので、正しい頭皮ケアを身に着ける事が脱毛症を避けるポイントだと言えるでしょう。

 

女性の場合

女性に見られる女子男性型脱毛症は、過激なダイエットやストレスなどでホルモンバランスが崩れる事により起きる症状です。女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、毛髪の育成を助ける働きがあるのですが、ストレスやダイエットで簡単に減少してしまいます。その歪みが出るのが30代~中年期にかけて。ですので、「今は大丈夫」と思っていても、年を重ねた時に無理をしたツケが出てくるので、注意しましょう。

 

分娩後脱毛症については、ほぼ全ての女性が経験する一時的な脱毛症です。これは毛髪の育成と妊娠を継続させる為のエストロゲンが、出産により休止期に入る為。胎児に栄養を取られ空っぽの状態に、エストロゲンの分泌がストップしてしまう事によって「脱毛」という形で症状が現れます。
多くは産後半年~授乳期が終わる位までに徐々に元に戻っていくので、そう心配する必要はありません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
 
名人ブーム