頭皮 赤み 原因 対策

正しい頭皮ケア方法|間違った頭皮ケアはハゲのもと

薄毛が気になって頭皮ケアを始める人が多いですが、間違っている人が多すぎます。間違った頭皮ケアはハゲのもとですのでしっかり正しい方法で実施してください。

頭皮の赤みの原因と対策について

頭皮の赤みは炎症のサイン!かゆみや痛みが無いからと放っておくと、脂性フケや乾燥フケ、カビや雑菌の繁殖を招いてしまいます。

頭皮の赤みの原因

頭皮が傷付いているかも?

・様々な刺激によって、頭皮が傷付くと赤く炎症を起こしてしまいます。自分でカラーリングをする方やホールド力が強いスタイリング剤を使っている方に多く見られます。合わないシャンプーでも頭皮の刺激となり、赤みを帯びる事も。

 

・頭をガシガシ洗う、かゆいから爪を使ってガリガリ掻いてしまうと、当然ながら頭皮は傷付き赤くなります。

 

皮脂の分泌が多いまたは少ないかも?

・洗浄成分が強いシャンプーを使っていると、皮脂分を必要以上に取り去り乾燥を促してしまいます。乾燥状態が続くと赤みを帯び、炎症の一歩手前に!
・間違ったシャンプー法でも皮脂は取り去られてしまいます。傷が付き更に乾燥した頭皮は、赤く炎症し様々なトラブルを引き起こします。
・スタイリング剤にも頭皮にとって大きな刺激となるものもあります。頭皮に付く事で毛穴を塞ぎ、カビや雑菌が繁殖して赤みを帯びる事も…
・頭皮を洗いすぎると必要な皮脂分まで落とし、それを補おうと過剰に皮脂を分泌してしまう事も。皮脂が多いと頭皮は不潔な状態になりやすく、カビや雑菌が繁殖し赤く炎症を起こしてしまいます。
・常に帽子を被っていたりすると皮脂分が多くなり、炎症を起こしやすくなります。汗と皮脂が混ざりアカとなって毛穴に詰まる事も。その一歩手前の状態が「赤みを帯びて炎症を起こしている」状態なのです。

 

頭皮の赤みの対策について

カラーリングやスタイリング剤による刺激対策

出来る事なら美容室でカラーを入れてもらうのがベストですが、自分で行わなければいけない方はカラーリング剤が頭皮に付かないよう注意しましょう。特に白髪染めは定期的に行わなければならない事もあり、一般的なカラー剤よりも刺激が強い傾向があります。部分白髪の場合は「白髪隠しマスカラ」等もありますし、トリートメントしながら白髪が染められるものもありますので、そちらも利用してみて下さい。

 

正しい洗い方をマスターする

爪でガシガシ洗う・爪でガリガリ掻く事は頭皮を傷つけます。汗や皮脂が入り込むと雑菌やカビが繁殖し炎症を起こす事に繋がりますので、頭を洗う時は指の腹でマッサージするように優しく、がポイントです。痒いと爪でガリガリ掻いてしまいがちですが、頭皮は顔のお肌と同じく刺激に弱いので、こちらも爪を立てず指の腹でかゆみを逃しましょう。

 

合わないシャンプー剤は使用を中止する

シャンプーに含まれている成分が合わないと、頭皮に刺激となり赤く炎症を起こします。頭皮トラブルの一歩手前の状態ですから、この場合は使っているシャンプーの使用を中止すると落ち着きます。
その後は低刺激タイプのアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーで頭皮を労わってあげると良いでしょう。

 

洗いすぎは避ける!

特に夏場は皮脂や汗も多く出るので、頭皮もベタベタに。だからといって二度・三度洗う事は禁物です。必要な皮脂が根こそぎ落とされ、それを補おうと過剰に皮脂を分泌し、雑菌やカビの温床となる事も。洗いすぎは避けましょう!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
 
名人ブーム